fvCurationを使ってコラージュ壁紙を作ってみた

みなさんこんにちは。Gnzo サービス開発部のエンジニアでありポンコツDJの吉川です。
今回のGnzo Laboでは、fvCurationで収集したInstagramの写真を使って、PC用にコラージュ壁紙を作ってみようと思います。

 

題材を練ろう

PC用の壁紙なので自分の好きなものを題材としたいですね。今回は世界中のDJが愛用しているSerato DJというアプリケーションの関連投稿を収集してみたいと思います。ポンコツDJの吉川もSerato DJを愛用しています。Serato DJユーザーはみんな仲間だよ!

 

何はともあれキャンペーンを作ろう

fvCurationにログインしたら、キャンペーン作成を選んで新しいキャンペーンを作ります。今回は実際にキャンペーンを開催するわけではないので、それっぽく適当に入力していきます。

 

タスクには収集したいハッシュタグや対象ユーザーのページIDを入力できますが、今回はハッシュタグで色んな人の投稿を収集したいのでハッシュタグ『seratodj』と入力しておきます。対象SNSはInstagramのみにします。

 

入力が終わって作成ボタンを押せば、早速収集が開始されます!fvCurationの収集システムは24時間、雨の日も風の日も休まずに収集してくれる働き者なので、こうして文章を書いている間にも#seratodjの投稿をモリモリ収集しているはずです。

さて、どのくらい集まったかな…?

もうこんなに集めてる!思いの外投稿数が多くて、すぐに素材が集まってしまったので、早速コラージュ画像を作るための投稿画像ファイルを取得していきましょう。ここからはちょっと工夫します。

 

ダウンロードスクリプトを作ってみる

LinuxやMacならwgetというインターネットからリソースをダウンロードしてくれる定番のコマンドが使えます。Windowsにも似たようなものはあるかもしれませんが、吉川はMacなので今回はwgetを使っていきます。

まずは先程収集した投稿情報をfvCurationからCSVフォーマットのファイルとしてダウンロードします。

 

全件ダウンロードしたいので、条件は指定せずにダウンロードボタンを押します。

 

投稿データが手に入りました。投稿データには投稿画像のURLも含まれているので、ちょっと工夫すれば一括で画像をダウンロードすることができます。早速ダウンロードしたファイルをNumbers(Mac版のExcel)で開いてみます。

 

ちゃんと投稿情報が入っていますね。Numbersだと絵文字もちゃんと表示されます。

 

ちょっと整形してみる

今回は画像URLだけが欲しいので、画像URLの項目部分だけを使います。まずは該当のセルを選択してクリップボードにコピーしましょう。Numbersで新規ドキュメントを作成して、空のドキュメントへ貼り付けます。その際、左から2つめのセルに貼りましょう。

 

左から1つめのセルには『wget』と入力しておきます。wgetは全ての行に入力しましょう。

 

そしてCSVフォーマットで書き出し!保存されたファイルをテキストエディターで開いてみます。

 

CSVフォーマットなのでカンマが含まれていますね。一括でダウンロードするために、コマンドラインとして整形します。ここまでくれば後もう少しです。

 

私はMacでダウンロードを実行するので、シェルスクリプトとして実行できるようにします。1行目におなじみの”おまじない”を書いて、一括ダウンロードスクリプトの完成!

 

画像を一括でダウンロードする

早速、作ったスクリプトを実行してみます。

 

実行!あとはひたすら待つだけです。がんばれ、おれスクリプト!

 

あっという間にディレクトリの中に画像が…!

 

ひとしきり集め終わったし、画像が増えてゆく様を見ているのにも飽きたので、次の工程に進みましょう。
次はいよいよコラージュを作ります。

※大量のファイルをダウンロードするバッチ処理はサーバーに迷惑を掛けるので、節度をもって行いましょう。

 

簡単にコラージュ画像を作りたい

簡単に作りたいですよね。1枚ずつ配置するのは面倒くさいですし。そんな時の強い味方がこちらです。

今回はMac版のShape Collageを使います。(Windows版もあります)試用バージョンでは機能制限の他に、生成した画像にウォーターマークが必ず描き込まれます。

 

早速、先程ダウンロードした画像ファイルをShape Collageへドラック&ドロップしてみます。あとは作成ボタンを押せば、あっという間にコラージュ画像を仕上げてくれます。すごい!便利!

 

できあがり

何が何だかわかりませんが、写真の多さだけは伝わってくる壁紙が出来上がりました。これが世界中のSerato DJユーザーの思い出の集合体だと思うと、言い知れぬ感慨深さがあります。

 

せっかくなので…

Shape Collageの機能を使って、色んなレイアウトのコラージュを作ってみます。

 

Gnzoロゴにしてみた

 

好きな言葉も彩り豊かなコラージュに!

 

DJプレイに失敗しても、コラージュにすればポジティブな気持ちに!

”た”の文字で画像が足りなくなってるあたりが悲しみを誘います…

 

最後に

今回はfvCurationをキャンペーン以外の事に使って遊んでみましたが、Instagramの投稿写真は投稿者に権利が帰属しますので、収集した画像を無断で配布したりしないようにしましょう!

 

 

ポンコツDJのMixはMixcloudで