お知らせ

新製品「fvLIVE forMusic」 リリース開始

株式会社 Gnzo(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小川裕子 以下 Gnzo)は、2016 年 5 月 23 日にマルチアングルライブ配信システム「fvLIVE(エフブイライブ)」の新サービスプランとして、「fvLIVE forMusic」をリリースしました。「fvLIVE forMusic」は、音楽ライブなどのマルチアングル映像を視聴者が、見たい画面を、音声の途切れなしに、瞬時に切り替えながら、インターネット経由で視聴することができるライブ配信システムです。

 

昨年 1 月にリリースいたしました「fvLIVE」は、マルチアングルの画面毎に異なる映像/音声を使用し、国際自動車レースのオンボードカメラ配信や国際トライアスロン大会の多地点映像配信など数多くのスポーツイベントでご採用いただきました。対して「fvLIVE forMusic」は、マルチアングルの各画面で共通の 1 音声を使用し、音声が全く途切れることなく、視聴者がマルチアングル映像の見たい画面を瞬時に切り替えることができるため、音楽ライブのイベント映像のライブ配信や、実況中継の音声を持つスポーツイベント等に適したサービスプランとなっております。

 

fvLIVE forMusic

 

なお、映像ディレクターの UGICHIN(株式会社フーリッシュ・グローリー・スタジオ代表取締役社長)にマーケティングアドバイザーとして、イベント企画、運営の株式会社ジエブにセールスパートナーとしてご協力いただき、2016 年下期にアイドルグループのコンサートや実況中継の音声を持ったスポーツイベント等のライブを数多く配信して行きます。

 

第1弾として、2016 年 5 月 25 日にライブハウスフィーバー(新代田)にて行われますスカパンクバンド「KEMURI」(エイベックス・ミュージック・クリエイティブ株式会社)のライブの模様をファンクラブ向けに配信いたします。当日はライブハウス内に 6 台のカメラを設置する予定で、会場の熱気と熱い演奏を全国の「KEMURI」ファンに向けて配信します。

 

【KEMURI ファンクラブサイト】 https://kemuri.com/

 

【fvLIVE forMusic 特長】
1. 圧倒的な軽い操作性 
視聴者は、自分の見たい画面を、音声の途切れなしに、瞬時に切り替えながら楽しむことができます。

 

2. 視聴端末の低負荷
独自映像圧縮・変換技術「fabric video※1」により複数映像を1ストリームで配信することができるため、従来のマルチアングル配信より視聴端末に負荷がかかりません。

 

3. ライブとアーカイブ映像を混合配信可能
マルチアングルの画面内に、CM 等のアーカイブ映像とライブ映像を同時に表示できます。

 

4. 誰もが簡単に配信設定
WEB管理ツール「fvLIVE Console」で全ての配信設定ができるため、特別な知識を持たずに、マルチアングルライブ配信を行えます。

 

【fvLIVE forMusic 視聴環境※2】
・PC(Windows,Mac)端末: ブラウザ視聴
・iPhone,iPad端末: アプリ視聴※3
・Android端末: アプリ視聴※4またはブラウザ視聴

 

※2 対応端末、バージョンの詳細はお問い合わせください。
※3無料アプリiOS版「fvLIVE PLAYER」および、fvLIVE PLAYERの機能をiPhoneアプリに組込めるプレーヤーSDKを使用できます。
※4無料アプリAndroid版「fvLIVE PLAYER」と、fvLIVE PLAYERの機能をandroidアプリに組込めるプレーヤーSDKは6月公開予定です。

 

【fvLIVE WEB】              http://gnzo.com/fvlive
【fvLIVE PLAYER (iOS版)】 https://itunes.apple.com/jp/app/fvlive-player/id1064840117?mt=8